読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

島根

石見川本

石見川本駅は三江線の途中にある駅で、江津から三次に向かって進んで、1時間ほどのところにある。三次側からアプローチすると2時間ほどかかる。 三次駅から三江線に乗る場合、一番のりやすい列車は、9:57分に三次を発車する列車だ。これより前は5:46分発の列…

2016/8/14 宍道⇒米子、山陰本線

12時56分、宍道発。着いたのは12時50分だったので6分間での乗り継ぎ。乗り継ぎの列車がすぐには分からず、少し焦る。結局、同じホームに停まっていた列車に乗れば良かった。 宍道と言えば、宍道湖!宍道駅を出てすぐに湖が見えてくる。ずっと山続きだったの…

2016/8/14 木次⇒宍道、木次線

12時16分、木次発。宍道まで行く。今までの山間部とはうってかわって平野になる。川の下流部分に出来るデルタ地帯の頂点にあたるのが木次。 思えばこういうパターンになっている路線は多いと思う。例えば、都市Aと都市Bを繋ぐ路線で、都市Aから山に向って…

2016/8/14 出雲坂根⇒木次、木次線

出雲坂根以降は大きな見所はない。中国山地の山奥をひたすら島根まで行く。木々が生い茂った山を見ているのが楽しい。島根に近付くにつれて赤レンガが増えてきた。そうこうしているうちに11時30分頃、木次駅着。 次の列車まで時間があるので駅のまわりをうろ…

2016/8/14 備後落合⇒出雲坂根、木次線

中国地方のドマイナー路線、木次線。この路線は、中国山地の奥地にある備後落合と山陰の宍道を繋いでいる。備後落合から発車する列車は1日に3本だけ。豪雪地帯で、冬には良く列車運休すると言う。見所はスイッチバックとループ線。備後落合からアプローチす…

2016/8/12 江津⇒益田⇒萩⇒長門市、山陰本線

5時45分、起床。乗り鉄の朝は早い。6時17分の江津発益田行きの列車に乗るため。すでに外は明るく、空は快晴。車窓から景色をながめるにはぴったりの天気だ。江津から益田の間は昨日乗った路線の折り返しになるが、進行方向が違うとまた違った景色となって楽…

2016/8/11 江津での夕食

1軒目はkoganemushi。定食屋さん。別料金で個室利用可能。元はスナックをやっていたらしいが、駅前の再開発で店を移転したのを機に定食メインに切り替えたそう。日替わりの定食を食べつつ、島根の日本酒、池月と環日本海で良い気分になる。どちらの日本酒も…

2016/8/11 江津の夜歩き

夜の町を歩くのが好きだ。普段見慣れている町でも違った顔を見せてくれる。昼間は人で溢れている交差点を夜に見ると、そこには信号機だけがボツンと立っていたりする。横断歩道の真ん中に立って、道の奥行きを見るのも楽しい。信号機や町の電飾が、昼間とは…

2016/8/11 益田⇒江津、山陰本線

16:58益田発の列車に乗り、江津まで行く。江津は、三江線の山陰側の終着駅。島根県に属する。益田と江津の間には浜田という大きな街があり、この街は山口線・三江線と接続する益田・浜田よりよっぼど大きい。人口比を書くとこんな感じ。 益田市 : 約50,000人…

2016/8/11 益田

益田。島根県の西部に位置していて、もう少し西に行くと山口県に入る。列車の観点で言うと、山口線の日本海側の終点で、かつ、山陰本線と接続している。駅前は綺麗なロータリーになっていて、大きなホテル、マンション、ショッピングモールがある。少し裏路…

2016/8/11 京都⇒新山口⇒益田、山口線

今日は8月11日(木)。新に作られた休日「山の日」。翌日を休暇にすると4連休の完成。もう少し欲ばって月曜日に休みにしたら5連休。5連休あれば青春18切符を使い切ることができる。さて、青春18切符を使って旅に出よう。 7:30起床。今日中に山口線経由で江津ま…