読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2013/12/29 日本海洋上

船の上

f:id:smode:20131229003653j:plain

29日はほとんどが船の上での生活。船の出港が深夜2時。出港前にお風呂をすませて、寝転がりながら出港を待つ。出港してから寝る。

 

朝。寝たんだか、寝てないんだか良く分からない。日本海が大時化で船がもの凄く揺れて寝付きが悪い。さらに、寝たのが2時過ぎ、起きたのが7時頃なので寝不足ぎみ。ダブルパンチで朝の体調はすこぶる悪い。ここでもう一眠り、といけないのが船の悲しいところで、朝食の時間が来まっているため起きなければならない。これを逃すと昼までまとまったご飯を食べられない。食べずに昼まで過ごす体力は無い。

 

なんとか朝食を食べて寝床に帰って来る。B寝台なので寝床は寝転がるスペースしかないけど、自分の城という感じがする。ここで昼まで寝る。

 

昼。昼食があるので起きる。一眠りしたら体力は回復、動けるようになる。昼食を食べて船内を散策する。日本海はやっぱり大時化で揺れる、揺れる。

 

f:id:smode:20131229130657j:plain

 

本を読んだり、眠ったり、なんだかんだで夜に。夕食を食べて、風呂に入って、やっぱり、本を読んだり、眠ったりする。だんだん船の揺れにも慣れて来た。

 

小樽にて

予定通り20:45に小樽に着く。乗客の大半がタクシーに乗り込むのを横目に、夜の小樽の町を徒歩で進む。南小樽駅まで歩いて、ここから電車に乗る。岩見沢まで行かなければならない。時刻表を調べると0時半頃になりそう。焦ってもどうにもならないので、ホテルに電話して電車に乗る。

 

f:id:smode:20131229213950j:plain

岩見沢にて

f:id:smode:20131230002312j:plain

 

0時半に岩見沢駅に着く。もちろん真っ暗。乗客はまばら。除雪車が町の中を走り回っている。深夜の北海道の町を、冬に徘徊する事になるとは。少し怖い。少し楽しい。迷いながらもホテルを見つける。チェックイン。