読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2015/9/24 マラッカ1

概要

マラッカの街をぶらぶらする。オランダ広場や海沿いのに建っているモスクに行ったり、ニョニャ料理を食べたりする。さらに、夜のマラッカも堪能する。

 

マラッカ着、オランダ広場

バトゥパハを11:45に出発して、14:00過ぎに、マラッカに着いた。値段は10RM、日本円にして300円ほど。3時間バスに乗って300円は安い。

着いた場所は、マラッカセントラルというバスターミナル。長距離バスから市内のバスまで、幅広く発着する。マラッカの市街からは少し離れたところにあるため、ここからローカルバスに乗って市内へ行く。着いた先は、マラッカで最も有名なオランダ広場。オレンジ色の建物が広場を取り囲んでいる。広場には、デコレーションタクシーが並んでいる。

 

オランダ広場

f:id:smode:20150924160738j:plain

 

デコレーションのタクシー。このタクシーが夜には...

f:id:smode:20150924160630j:plain

 

昼食、ニョニャ料理

昼食にニョニャ料理を食べる。まず、ハバ・ニョニャとは、マレー半島に移り住んできた華僑系の男性と現地のマレー系女性の間に生まれた子孫のことを言う。ハバは男性で、ニョニャは女性。つまり、ニョニャ料理とは、中華系・マレー系が混ざりあった料理、そして、女性が作って発展させてきた家庭料理と言える。料理は、中華系の食材を、マレー系で良く使われる香辛料を使って味付けされている。

 

ごはん、肉を炊き込んだもの

f:id:smode:20150924162713j:plain

店の雰囲気

f:id:smode:20150924162445j:plain

 

 

マラッカ海峡モスク

昼食の後はマラッカ海峡モスクへ行く。ゲストハウスでチャリを借りて、ペダルをこぐこと30分、やっとモスクが見えてきた。予想よりはるかに遠い。また、歩道がないため、車道の路側帯を通っていった。途中、道路工事をしているところもあり、なかなかの悪路。道が溝で断絶していて、チャリを降りなければならない場面もあった。

苦労して行ったマラッカ海峡モスクは一見の価値あり! マラッカ海峡にに張り出してモスクが建っており、モスクのうしろは一面の海になっている。ここは夕陽の絶景スポットらしいが、当日は空が曇っていて、満足に景色を楽しむことは出来ず。

 

マラッカ海峡モスク

f:id:smode:20150924184716j:plain

 

モスク!

f:id:smode:20150924185200j:plain

 

海の上に建ってます

f:id:smode:20150924185339j:plain

 

夜のマラッカ

マラッカ海峡モスクからマラッカ市内へ帰ってくると、時間はすっかり夜に。あたりは薄暗くなって来た中、オランダ広場のあたりは妙にビカビカしてる... なんじゃこりゃぁ!!

 

木に電飾が巻き付いてます

f:id:smode:20150924202307j:plain

 

オランダ広場

f:id:smode:20150924202339j:plain

 

電飾のデコレーションカー。ビッカビカです。

f:id:smode:20150924202331j:plain

 

宿

マラッカの宿はサマサマというゲストハウス。一泊18RM。日本円で500円ほど。安い...。男女混合のドミトリーで、自分の横のベッドには、いかにもなヨーロッパ風の女性が泊まっていた。そのほか、欧米人が沢山いた。地球の歩き方に載っている宿なので、パッカーの中では有名な宿なのかもしれない。

難点は蚊がたくさんいること! とにかく蚊が多い。

 

サマサマ

f:id:smode:20150925110503j:plain

 

ドミトリー部屋。蚊帳です。

 

f:id:smode:20150924231406j:plain

 

ビリヤード台。

f:id:smode:20150925110440j:plain

 

以上