読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

師崎港、日間加島

知多半島の突端にある師崎港から日間加島に渡ります。森博嗣の小説「全てがFになる」に登場する「妃真加島」は、実際に存在する「日間加島」から取ったとのこと。

 

師崎港

概要

小さな港です。ここから、知多半島の先っちょにある島々に船が出てます。船の乗客の大半は、おそらく地元の人。ぽつぽつと僕たちのような観光客が居る感じ。

 

場所

 

 

写真

船を待つ女性。手には、買い物が入ったビニール袋。

f:id:smode:20160213164124j:plain

この高速艇で日間加島に渡ります。

f:id:smode:20160213164234j:plain

 

日間加島

概要

師崎港から高速艇で10分ほどのところにある日間加島。島の人たちは、漁師か民宿経営か、あるいはそのどちらかと言った感じ。タコ、フグ、海苔が名産。歩いて島を回るには少し骨が折れるくらいの島の大きさ。

 

場所

  

写真

手には大きなバッグ。 

f:id:smode:20160213170827j:plain

 船、船、船。車、車、車。

f:id:smode:20160214093143j:plain

 

旅館にて

日間加島の旅館に泊まりました。宿のおかみさんは優しく、傘を持っていない僕たちに傘を貸してくれました。また、刺身、アイナメ、タコの唐揚げなど、海の幸がとても美味しかったです。

 

タコの唐揚げ

f:id:smode:20160213183132j:plain

お刺身

f:id:smode:20160213181554j:plain

 

以上