読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2016/8/14 境港・水木しげるロード、街歩き

中国地方 鳥取 街歩き

境港は水木しげるのふるさと。米子のホーム、境港の列車から水木しげるの妖怪をアピールしていたが、境港はさらに妖怪度(?)が高い!駅に併設している観光ビルの壁には大きな看板がかかっている。そして、駅前のロータリーから水木しげるロードまでずっと妖怪たちの銅像が立ち並んでいる。ロードの両脇には妖怪関係のお土産屋、食事屋がズラリと並んで、観光客で賑わっている。天気にも恵まれて、かつ、お盆休みでもあるため、人がとても多い。妖怪の着ぐるみがそこいらに居て、観光客と遊んでいる。ほのぼのとした雰囲気で、とても和やかだ。

 

そんな中で、自分が境港で1番おもしろいと思ったことは、「山が近い」ということ。港と言うからには海ばかりなのかと思うと、そうではない。道を歩いていてふと見上げると山があるのだ。半島の先っちょにある境港は北・東・西を海に囲まれているのだけれど、北側は海が開けている訳ではない。海を隔てた向こうにはすぐ陸地があって、間の海は500mもない。そして、その陸地には丁度良い大きさの山があり、境港からはその山が良く見える。水木しげるの妖怪は、もしかしたら、この山から来ているのかも、と感じた。

 

水木しげるロードを一通りぶらぶらして、水木しげる記念館にも行って、駅に帰る。次の列車まで時間があるので、銭湯に行く。駅横の観光ビルの中(4Fだった気がする)に銭湯があり、これが当たりだった。浴場からは向かいの山が良く見え、境水道を見下ろせる。銭湯代510円、タオル代100円。

 

銭湯情報

www.city.sakaiminato.lg.jp

 

水木しげる先生と妖怪たち

f:id:smode:20160814152748j:plain

妖怪と子ども

f:id:smode:20160814155149j:plain

水木しげる先生と鬼太郎。記念館にて。

f:id:smode:20160814155746j:plain

山が近い。間は川ではなくて海です。

f:id:smode:20160814164643j:plain

賑う商店街

f:id:smode:20160814155344j:plain

 

以上