読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2016/9/22 宮崎⇒ 榎原、日南線

九州 宮崎 鉄道

4:50、起床。外はまだ暗い。

 

5:30、宮崎駅発、志布志行き。日南線。朝食を食べる暇も無く、買うところも無く、自動販売機で水だけを買って列車に乗り込む。まだ外は暗い。

 

6:00頃、子供の国駅。やっと外が明るくなってきた。乗客はほとんどいない。宮崎ー伊比井の間は海沿いを走っていくが、伊比井からは山の方へ入って行く。北郷駅にて一時停車。すると、町内放送が聞こえてくる。台風による電線の垂れ下がりなどに気をつけて下さいという内容だった。町内放送が伝達の手段として生きている、そんな田舎町。

 

7:50、榎原駅着。なんとここで列車がストップしてしまう。前を走っている列車が立ち往生してしまって自分が今乗っている列車が進めないのだ。立ち往生の直接の原因は落葉。車輪が落葉と絡んでしまってスリップして前に進めないらしい。どうして落葉がそんな状態になっているかと言うと、一昨日に九州に上陸した台風のせい。台風の風のせいで葉っぱが大量に落ちて、雨のせいでその落葉が水を吸って、車輪と絡まりやすく、滑りやすくなってしまっているのだ。今回の旅では、この台風の影響に大いに悩まされる事になったが、それは追い追い。

特にする事も無いので、駅を出てみる。駅の周りにも何も無い。バス停すら見当たらない。仕方なく引き返して、駅のプラットフォームをうろうろして写真を取る。だが、すぐにやる事がなくなる。外の乗客も手持ち無沙汰にしている。乗客の1人は志布志まで行くのを諦めて向かいのホームへ移ってしまった。だが、折り返すための列車は、立ち往生している列車が進まないと来ることが出来ない。単線だから。結果、待つしかない。

 

 

 

宮崎駅。まだまっくら。

f:id:smode:20160922052940j:plain

暗闇の中。なんかカッコイイ。

f:id:smode:20160922053301j:plain

だんだんと明るくなってくる。

f:id:smode:20160922060950j:plain

朝の海は神秘的。

f:id:smode:20160922062901j:plain

榎原駅にて待ち惚け。

f:id:smode:20160922090251j:plain

こんな写真も撮っちゃいます。

f:id:smode:20160922090402j:plain

榎原駅。

f:id:smode:20160922090624j:plain

この先で列車が立ち往生しているんだなぁ。

f:id:smode:20160922090933j:plain

 

以上