読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2016/9/22 垂水港

九州 鹿児島

13時25分、垂水港に着く。志布志からバスで2時間の道程だった。ここから鹿児島湾を渡って鹿児島市内へ行く。そのはずが、またしても旅程が狂わされてしまう。フェリーが出ていないのだ。流木が港内に流れ込んでいるらしい。港を見渡すと流木がたくさん流れていて、確かにフェリーを出せる状態じゃない。重機が出動していて撤去しているが、終わりそうに無い。出動している重機は1台だけなのに、湾内のいたるところに流木がある。困ったことになった。せっかくバスで2時間もかけてやって来たのに。次はどうすれば良いんだ。引き替えすしかないの?バスで引き替えすのも退屈だし、すっかりフェリーの気分になってしまっている。港の人に聞くと、桜島港からはフェリーが出ているらしい。お、良いかんじ。桜島行きのバスは2時40分に出るようなので、1時間ほど待てば良い。なんとなく旅は繋がるもんだ。

 

ただし、垂水港周辺で食べるところが無いのには困った。小一時間ある間に昼食でも、と思ったが、定食屋がない。垂水港の中にはキオスクのような小さなお店があるだけ。港を離れて少し街道の方に出るも、何もない。仕方なくドラッグストアでパンを買う。田舎にありがちな巨大なドラッグストアで、元は郊外型の電気屋かと思うくらいの大きさ。このドラッグストアは始めから目に入っていたが、ここで昼食を買うのは避けたかった。

 

余談だが、垂水港からは桜島が良く見えた。台風は流木を残していったが、台風一過、天気は良く、なかなか綺麗に見える。頂上の裾野に雲を従わせて、その雲のなかにぽっかりと頂き見えている。鹿児島側からの桜島は有名だろうが、この角度の桜島は珍しいのではないかと思う。

 

垂水港。

f:id:smode:20160922134233j:plain

運行時刻表。

f:id:smode:20160922133804j:plain

流木です。

f:id:smode:20160922134257j:plain

回収された流木たち。

f:id:smode:20160922134301j:plain

 桜島

f:id:smode:20160922134958j:plain

 

以上