読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

週末香港

東南アジア 香港

週末に香港に行きました。有給や祝日を使わずに1泊2日で。

 

土曜日の16時10分に関空を出発すると、香港に19時20分に着きます。イミグレーション、税関を抜けて、エアポートエクスプレスを使って香港駅まで移動。エアポートエクスプレスで香港駅までは100HKDかかります。1HKDが13.7円なので、1,370円もしますが、最も早く街中に出られるのが利点です。香港駅に着いたのが20時30分ごろ。

まずは宿を確保するために、香港の安宿の代名詞である重慶大厦に行きます。重慶大厦は尖沙咀駅の近くなので、MTRで尖沙咀(チムサーチョイ)を目指します。香港駅から中環まで歩いて、中環から尖沙咀へ。この時点で21時くらいです。

重慶大厦へ行き、飛び込みで宿を確保して21時半くらい。

ずっと移動続きでそろそろお腹が空きました。ご飯を食べるために廟街まで行くことにします。廟街に行くには、MTRで1駅だけ移動して佐敦(jordan)で降ります。時間があれば歩きでも行けるんですが。佐敦から少し歩くと廟街。露天や占い師をひやかしつつ食事処へ。観光客でごった返しているなか、1人でテーブルに座って炒飯を食べます。この時点で22時くらい。

廟街をもっとうろうろするか、欄桂坊まで行くか、少し迷いましたが、折角なので欄桂坊にも行くことにします。欄桂坊はバーやクラブが集まるエリアで、今いる九龍半島とは反対側の香港島の方にあります。佐敦まで戻り、MTRに乗って、中環へ。MTRを使って南北に行ったり来たりです。

中環駅を出て、坂を登る方向に歩くと欄桂坊に着きます。クラブやバーが密集しているところはロの字型になっていて、すぐに一周できてしまいます。バーで腰を落ち着けると宿に帰れなくなる(タクシー使えば別ですが)可能性があるので、店には入らず。セブンイレブンでビールを買って店の外で立ち飲み。23時30分ごろに退去して、24時まえに尖沙咀の重慶大厦に帰宅。そのまま就寝。

 

翌日は8時くらいの起床。

重慶大厦の近くの食堂で朝食をシバキます。スクランブルエッグを頼んで36HKD=500円。コーヒーをゆっくり飲んで少し落ち着きます。

朝食のあと、スターフェリーで香港島へ。香港島側の港から南丫島へ行きます。こんかいの旅の目的の一つは南丫島に行くこと!なのでテンションが上がります。ちなみに、南丫はラマと読みます。「」は二叉の枝を表す漢字。アルファベットの「Y」とは異なります。

船に30分ほど乗ると南丫島に着きます。凪いだ港に船が停泊していて、瀬戸内海に似た雰囲気です。陸の方はこんもりした山になっていてハイキングコースが整備されています。このハイキングコースを通って、反対側にある港を目指します。

このハイキングコースがなかなかキツイ!コースとしては、海沿いから山の中に入り、一旦ビーチに出て、そこからさらに登りを越えて反対側の港に出ます。ビーチまでは山の中にポツポツとある村を辿って行く感じで、道はなだらか。ビーチ以降は一気に登りになって、村も無く、山の中のハイキングという感じ。この登りがキツイ。海の景色を見ながら山登りをするので気分は爽快ですが、少し不思議な感じ。そうこうしているうちに反対側の港に着きました。ゆっくり歩いて3時間ほどですね。

すこし港で休んでから島を退去します。中環のあたりに帰るのも芸がないので、帰りは香港仔(アバディーン)の方へ行きます。14時に南丫島を出るフェリーに乗ると、14時40分に香港仔に着きました。お昼御飯を食べてなかったのでラーメン店へ。スタンダードそうなメニューを頼みましたが、値段は52HKD=712円。良いお値段しますね...と思っていたら、すごい量のラーメンが出てきました。山盛りと言うよりは、どんぶりが深い。これ、メニューの写真より量があります。普通はメニューの写真を大きく見せて実物は小さいと思うんですが。香港仔の下町っぷりを感じます。

 香港仔をぶらぶらした後はバスで中環へ。16時、中環着。フライトは20時45分なのでまだまだ余裕です。休日の中環はフィリピンから出稼ぎに来ている女性で溢れ返ってます。日本なら大問題になるレベルで、高層ビルの間にある渡り通路の片側を占領しています。ダンボールで囲いを作って、中でトランプしていたり、寝ていたりします。香港社会の中での位置付けがとても気になるところです。

そんな中環をぶらぶらしていると時間は17時に。エアポートエクスプレスを使うと24分ほどで空港に着いてしまうのでまだ時間に余裕はあるんですが、エアポートエクスプレスは高い!ということで、最安ルートで空港に向かいます。

まずは、スターフェリーで香港島から九龍半島へ。フェリーの降り口から少し歩いて尖沙咀駅からMTRに乗ります。目指すのは東涌駅。ここからバスに乗ると20分ほどで空港に着きます。エアポートエクスプレスが100HKDかかるのに対して、スターフェリーが2.8HKD、尖沙咀→東涌駅が16.9HKD、バスが4.7HKDの計24.4HKDなので、圧倒的に安くあがります。17時に中環を出て、18時30分に空港に着いたので1時間半かかりますが。

チェックイン、セキュリティチェック、イミグレーションを済ませて20時45分のフライトで、1時20分関空着。空港のベンチで寝て、6時30分ごろから活動開始。エアポートラウンジでシャワーを浴びて、大阪市内まで移動して、出社。お仕事の1日が始まります。

 

南丫島の港

f:id:smode:20161113120738j:plain

ハイキング

f:id:smode:20161113134115j:plain

香港仔のラーメン

f:id:smode:20161113160246j:plain

中環にて。 

f:id:smode:20161113172535j:plain

 

ラマ島 - Wikipedia

丫とは (アとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

以上