読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2013/12/31 苫小牧-函館-江差-函館

苫小牧-函館-江差

普通列車で函館まで行く予定のところを急遽特急に変更。苫小牧→東室蘭→室蘭→東室蘭と移動して、きっちり東室蘭~室蘭間を制覇しつつ、東室蘭~函館間を特急にする。ここを普通列車で行くと函館に着くのが夕方になってしまい、どうにももったいない感じがしたので。函館で宿を取っていたので、夜には函館にいなければならない。さてどうしたものか、と考えて、明日予定していた江差線に、今日中に乗ってしまう事にする。

↓苫小牧。太平洋側だからか、雪は少ない。

 

f:id:smode:20131231074146j:plain

 

↓室蘭。こちらも、雪は少ない。

f:id:smode:20131231093713j:plain

 

函館-江差

今回の旅の目玉である江差線に乗る。2014/5/11までは五稜郭木古内江差江差線だったのが、5/12に木古内江差間が廃線になってしまった。廃線になる前に乗っておきたかったから、ここまで来た。函館から木古内までスーパー白鳥で行ってから江差行きに乗り換える。函館は大雪だったのに対して木古内は晴れ。天気の変わりやすいこと。それとも、近場であっても似た天気にならない?

 ↓木古内

f:id:smode:20131231144543j:plain

 

江差線の印象はと言うと、思っていたより雪が少なく、山も深くない。廃線になる路線なので、辺境秘境断崖絶壁系かと思っていたが、列車から見る限りではちらほら民家も見える。

f:id:smode:20131231152136j:plain

 

江差駅下車。駅の周りはそんなに雪が積っていない。風が強いから?海が近いから?

f:id:smode:20131231160227j:plain

 

海が見える所まで行って景色を楽しむ。

f:id:smode:20131231160443j:plain

なんだが地中海みたい!?海があって、丘陵になってて、そこには家があって。

 

江差駅に停まる列車。廃線になると見られなくなってしまう。

f:id:smode:20131231161303j:plain