読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所不定

旅の記録を写真と共に残していきます。

2016/8/14 米子⇒境港、境線

中国地方 鉄道 鳥取

少し早いが、予約していたα-1に向かう。次の列車まではあと30分程度。α-1はたしか駅前の通り沿いにあったはず。ホテルに荷物を置いてから水木しげるロードを周りたい。

 

ホテルはすぐに見つかるが、時間が早すぎて部屋には入れない。チェックインはさせてくれて、荷物を預けることができた。これで楽になった。

 

米子駅にもどってホームへ行く。境線が出るホームは水木しげる一色!ホームには妖怪たちの立て看板が陳列され、待ち合いベンチの広告には水木しげるロードの地図が描いてある。列車はもちろんラッピング。天井、シートの背凭れ、すべてに妖怪がいる。

 

14時31分、境港行きに乗る。米子から北に向かって突き出ている半島部分を通る。海が見えるかと思っていたが、全くそんな事は無く、だだっぴろい平野が見えるだけ。地図で確認してみると、路線は半島部分の真ん中を通っている。確かにこのルートでは海は見えない。

 

15時15分、境港着。

 

ラッピングカー。

f:id:smode:20160814143004j:plain

妖怪たちの立看

f:id:smode:20160814143328j:plain

ホーム

f:id:smode:20160814143029j:plain

車内もラッピング

f:id:smode:20160814145716j:plain

景色は単調。ちょっと物足りない。

f:id:smode:20160814145840j:plain

境港駅標札。

f:id:smode:20160814152146j:plain

 

以上